2011/04/15

青梅〜福生

昨日はオロロトリヒロのリハで立川に行ったんですが、
あろうことか私は行きの電車の中にエフェクターケースを忘れてしまいました。
幸いすぐ見つかって、青梅駅で保管しているとのこと。

そして今日、無事青梅駅にて物品受け取りました。
JRさん、どうもありがとうございました。

さー帰るか。また長いぞ〜、とか思ってたんですが、ふとアタマをよぎるものがあります。


「‥‥! FUSSA☆」

そう。福生にはヤバい楽器屋がある。

いや、本当は「昔来た時になんかいい感じの中古楽器屋さんがあったな〜」
位にしか覚えていないんだけど、今日はなにか強い引きを感じました。

すぐにiphoneを駆使して楽器屋を検索(本当にiphoneにして良かった)。
お〜あるある。3軒ありました。
(本当は4つ見つかったんだけど、
内一つは移動しちゃったみたいで、もうありませんでした)

結果としては、

どこの楽器屋も良かった!
ビザールとヴィンテージとダメそうなブツが混在したカオス、
正しき中古楽器屋の風景。コレだよ、うん。

しかし!!そんな中、
ぶっちぎりでステキなお店に出会いました。

ぶっちぎりです。


「THREE SISTERZ」


まずとにかく店内を埋め尽くすギター!ベース!アンプ!エフェクター!
そして、なんでこんなにステキなモノしかないわけ?というチョイス。


リアルヴィンテージもビザールもこのお店の中ではただの「良い楽器」
としてカッコ良く光を放っています。コレ重要です。


70年代国産の味わい深いコピーモデル群をしげしげと眺めていると、
その先に突然ビンテージギブソンがあったりするから全く油断ならない。


雑然と7本立てスタンドに立てかけられたギター全部が「!!!」なモノだったり。
(まあ私の「!!!」はそんなに高価なものには向けられていませんが)


そんな驚きが店内中にあふれています。


もうね、一日中いてもぜんぜん飽きないと思う。全部弾きたい。


そして女性のオーナーがホントにステキな方で。
ギター、大好きなんだな、ということが自然に伝わってくる。
ギターの扱い方や眺め方や、もちろんギターについて話す口調から。


ホームページも無いし、デジマートで検索もできない。
とにかく足を運んでみるしかない、


そんな素晴らしい楽器屋さん、「THREE SISTERZ」
大好きになりました。


結局、色々試奏させてもらった中から
グヤトーンの古いベースを買いました。


おそらく60年代後半のモノと思われますが、きっちり調整されていて
とても弾きやすいです。いいもの買いました。




最後に、


オーナーが安価な粗悪大量生産ギターをバラシながら(調整のしがいがない
楽器はパーツ取りだけして知り合いにあげちゃうそうです)


「こんなの作っちゃダメなんだよねえ。こんなギター‥。鳴らないし、ネックも
ひどいし、木がもったいない。その木で仮設住宅が建てられるよ‥。」
と言っていたのが印象深かったです。


青梅駅構内にて

















福生
グヤトーンベース(左)。ギターの方が大きいかも‥

2 件のコメント:

  1. お疲れ様です。chickでございます。無事エフェクターが戻ってきて何よりでございます。
    ってかスリーシスターズにつられてコメントです。にしてもスリーシスターズだなんてお目が高い!!さすがbanri氏!!
    少し語らせてください。じつはあのおばちゃんとは私は10年以上の付き合いになります。あまりにナイスショップ過ぎるから、かつてオロロ氏を連行したこともあります。自分のグレッチとテレキャス(フェンジャパ)とプレベ(トーカイ)はあの店で買いました。今でもよく行きます。ほんといい店だよね。品揃え、価格、店の雰囲気、おばちゃんのキャラ等々すべてにおいてナイスだよね。ジャパンビンテージとかいう言葉が使われていない頃から、グレコとかトーカイとかを大プッシュしててね、、、今じゃ考えられない値段で売ってたりしてね、、、。
    続きは今度じっくりと語らせてください。それとグヤのベース、楽しみにしております!!!

    返信削除
  2. あんないいお店ないよね!
    でも‥グヤベース、音はスゴくいいんだけどチューニングが‥。
    どうしよ。またあのお店行くかも。時間あえば一緒に行こう〜。

    返信削除