2010/12/20

BALLAD、saito koryo

coinnのリーダー齋藤紘良氏と齋藤美和さんがやっているsaitocnoから
二大ニュース。


☆BALLAD2号出ます。
















ページ:48ページ オールカラー 
編集・制作 saitocno (齋藤紘良 齋藤美和) 
アートディレクション:セキユリヲ 
デザイン:上原かなえ イラスト:青木隼人
945円(税込)

「遊と楽に潜む智慧の物語」をテーマにしたBALLADの2号。
自分たちが生きていくながで、必要な「遊び」をキーワードに
写真家の品田裕美さんと、聞いて歩いて撮影したインタビューや、
町田で発掘された縄文土器のページなど「伝承」を軸におきながら
もう一歩掘り下げたものになりました。挿画には音楽家でもある
青木隼人さんの絵です。素敵です。
表紙は、今号も英国の画家、ウィンルイス。
うさぎの絵です。BALLADからのお年賀です。
ちなみに、サイトクノWEBから購入していただけると
今回は、サイトクノからリリースされるCDの
プロモーションCDRをお付けします!
巻頭特集「遊と楽に潜む智慧の物語」
大貫妙子(音楽家) 脇阪克二(テキスタイルデザイナー)
多田千尋(東京おもちゃ美術館館長) 板橋興宗禅師(御誕生寺住職) 
アトリエエレマンプレザン(ダウン症の方を中心にしたプライベート・アトリエ主催)
有田昌史(図案作家) 原田昌幸(文化庁主任文化財調査官)
ララトーン(アート、ミュージック & グッドアイディアグループ)
縄文 写真:品田裕美
有賀一広/モノクラフト誌上展覧会
『子ども 音楽 絵本 エッセイ』 
松永良平 遠藤綾
童話『きのぼりごはん』 乙一
BALLADコラム 『夢のような一日』 
安達友絵 君嶋麻里江 滝口悠生 齋藤紘良(saitocno)
成瀬くりの家保育園 『遊びの時間』 
写真:嶋本麻利沙 場所:成瀬くりの家保育園
『自然の中で遊ぶということ』 
森雅浩(Be-nature school) 撮影;船橋陽馬

じっくり、ゆっくり読んで行こうと思います。



☆アンド、リーダーのソロ日本版出ます。












KORYOSAITOのソロアルバム『MIRAGE』。
英国マンチェスターの
timbrelandrecordingsからリリースされたものの日本版。

日本版のジャケットアートワークは、
ジバンシーのプロダクトデザインなども
手がけている、ロンドン在住のデザイナー
及川昇さん。
中には、写真家の嶋本麻利沙さんの
作品が掲載されているという特別仕様になっております。
「現代音楽と中世音楽の列車に乗り、
気の合う仲間たちと共に過ごした旅の記録。
闇に潜むサウンドコラージュや
埃の中のサウンドコラージュの
間を通り抜け、着いた先はフォークの森。」
参加ミュージシャンは、
松井一平(TEASI)
アキツユコ
野々歩(ショピン)
小田晃生
柴山真人
森元智子(SEP)
白岩万里
三部智也

こちらは私もちょいと参加。前にも紹介しましたね。
そして日本版には2007年のライブ音源も付いています!
このライブ音源、「クジラがあがればみんなが集う」という曲の
イントロで私、盛大にミスをやらかしたのですが、(一人でkey間違えた。)
そこはしっかり削除されていてホッとしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿