2010/11/10

不治の病、yamaha SGV500s



































私の事を良く知っている方はご存知かと思いますが、
またやってしまいました‥。
最近症状が落ち着いて来たかと思っていた所だったのに。
思えば少し前、南新宿でのあの出会いが引き金になっていたんですね。
あの時気付いていれば‥。


買っちゃいました。


yamaha SGV500s
これはわりとレアなんではないでしょうか?
yamahaのSGVシリーズはもともと60年代エレキブームの頃に発売されていた
ブルー・ジーンズ・カスタム・モデルのリイシュー物として
SGV300、SGV700、SGV800、SGV1200が
2000年から2007年まで生産されていました(SGV800は2004年で生産終了)。
しかしこのSGV500sだけは2001年の一年で生産が打ち切りになって
しまったようです。
他モデルはアームが付いているのに対し、
こちらはストップテイルピース。
アームが命のエレキインストファンにとってはこれは痛いですからね。
私はもともとSGV(昔700持ってました)のファンで、
かつ最近アーム無しのギターを探していたので、これはうれしい。
音?まあよくわかりませんが、ちゃんと使えます。
この魅力的なフォルム‥。ああ。


今度のゴルセンライブはこれでやることにしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿