2010/10/29

オロロトリヒロアルバムも発売されたことですし

現在流通している私が参加した作品を紹介してみようと思います。













「ベースマガジン20周年記念 THE BASS & GROOVE」
タイトル通りベースマガジン誌のコンピュレーションアルバム。
DadaDの前身バンド「crazy cherry」で一曲参加しました。
私はギターとレコーディングエンジニア(リハスタで、ですが)をしました。
ベースのshigeがソロで制御が効かなくなる瞬間が圧巻。














kobose「コボウズ」
このバンドはいいですよ。
ブログが面白い。
ギターで全曲参加。ビンテージのフェンダーシンラインと
ギブソンのES-330でほとんど録りました。アナログ録音でいい音。














DadaD「welcome to sha la la la la」
ニューウェイブオルタナポップ?
ありそうでなかなか無い鋭いメロディーが光ります。
ギターで八割位?参加。














フォーキーサイケソフトロック?
coinnのリーダー、こうりょう君の本気がサイケに滲み出る良バンド。
ドラムはすてき☆ロックバンドのともちゃん。
3曲程ギターで参加。














こうりょう君のソロ。イギリスのtimbrelandというレーベルから出てます。
中世っぽい空気感。アコースティックとエレクトリックが
ふわふわと馴染んで、気持ちいいです。
ベースで三曲参加。














coinnを一緒にやってるオロロトリヒロ氏のソロ。
オリジナリティーのかたまりのよう楽曲なのに、
とてもポップで親しみやすい。なぜ。
ベースでほぼ全曲参加。あとジャケットの字書きました。

以上です。
どれもかなりオススメなので、興味があれば是非聴いてみてください!


0 件のコメント:

コメントを投稿